すべてに「Yes」と言う。うけたもうの精神

★すべてに「Yes」と言う。うけたもうの精神★

 

先日、山形県の聖地、出羽三山へ祈りの旅をしてきました。

初日は、湯殿山での奉納演奏。

湯殿山の御神体は、岩山です。
そこに絶え間なく温泉が湧き出ていて、
最後は、お湯の流れる岩の上を歩いて祈りの場所まで行くという、とても幻想的な場所です。

その湯殿山の御神体の前で、奉納演奏をさせていただきました。

ピーカン照りの太陽に照らされた御神体は、キラッキラに輝いていて、目が眩むほど・・・
みていると、天国に引き込まれそうになる美しさでした。

 

その前で演奏させていて頂ける幸せ。
生きる喜びが集約されたような瞬間でした。

湯殿山は、御神体のあるエリア一帯が撮影禁止なので、入り口での写真です。

 

 

先達してくださったのは、星野先達。
厳しい山に入り続け、たくさんの山伏の方々を先達され続けてきた方ですが

本当に大きな優しさと、ユーモアもあり
人としての魅力が深い方なのです。

山伏の合言葉は「うけたもう」だそうです。

「山伏にNoはないんだよ」とお話されていました。

これは、全てを相手に合わせるとか、自分の意見がないとか、そういった意味ではなく
まずは一度、全てを受け入れる。という意味で

受け入れた上で、こちらの意見や表現もしていく。
このスタンスが、先達流に言うと「LOVE」だそうです。

「うけたもうは、LOVEなんだよ。」

 

そう話す先達はとても親しみやすく、まさに私たちを受け入れてくださっている波動が伝わりました。

 

出羽三山の自然も、とても優しく私たちを包んでくれます。
自然界が「うけたもう」そのもの。
私たちは、その大いなる存在からうけとった「うけたもう」を、日常で体現していけるといいですね。

人は、心のどこかで人と比べ、争い、
ほんの少しの「正しくありたい」「尊敬されたい」「すごいと思われたい」という気持ちが纏わりつきます。

その気持ちは、ほーんのわずかなベールのような感じで
自分でも気づかないほど、小さな小さなものですが。

それがあると、やっぱりふとした時に
自分の正しさを主張するような口調になってしまったり・・・

 

でも、全てをまずLOVEで受け止め「うけたもう」で包み込むことができたら。

それには、揺るぎない自分の信念や、強い自分の中心軸が必要なんだなと。
だから、厳しい山に入り、自己を鍛錬している方々からは、大いなる愛を感じるのですね。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
★すべてに「Yes」と言う。うけたもうの精神★

まず、すべてを受け入れてみましょう。

受け入れるとは、ただ相手に全てを合わせるとか、自分の意見を押し殺すという意味ではなく、
まず一度、相手を受け入れ、愛で包み込み
その上で自分を表現していきましょう。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●キーワード●
・まずは相手を受け入れる
・自分と相手の個性の違いを理解する
・自分の意見をニュートラルに表現する
・自分を強く持ち、相手と戦わない
・全てを愛の表現に変えていく
・自分を満たす
・自分の信念を確立する
・今の自分を受け入れる
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です