肩たたき券を発行しよう!

こんにちは!みず橋ことみです。

先日フェイスブックに、
「貨幣社会の終わりに向けた1歩を、
勝手に踏み出しまーす!」
みたいな記事を書いたら、ずいぶんと反響が大きかった・・・

すごい数の「いいね」と、共感のコメント。

 

「お金のない社会へ!」
なんてセリフは、稼げない奴が言う負け惜しみだよ。
って、思われんだろうなーと予想してたけど、違かった。(笑)

けっこう多くの人が、
お金にうんざりしているんだなと、感じました。

 

 

今までは、お金を持っていれば、神様になれた。
なんでも買えて、なんでも手に入った。

「お客様は神様です!」って
バイト先の朝礼で、よく言わされてた・・・

 

でも、これからは、お金より
「優しさ・思いやり」に価値があるってことにしたい。
優しさで、商品が買える時代になればいいのに・・・

◆◆◆◆◆◆◆◆◆

そうだ!みんな
『肩たたき券』を発行すればいいんだ!!!

今すぐ、お札をゴミ箱に捨てて
『肩たたき券』を発行しよう!笑

(とか言って、私は絶対にお金捨てないけど。笑)

◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

 

子供の頃に、親へのプレゼントなどで
みんながよくやる「肩たたき券」

みんな、自分ができることを『券』にして
好きな人に配ればいい。

券をくれた人には、券をお返ししたくなるし、
お世話になってる人、優しくしてくれる人、
そうゆう人にも、券を渡したくなる。

 

直感 第六感 インスピレーション リーディングレッスン 教室 学ぶ 東京 みず橋ことみ

 

ようするに

ーーーーーーーーー

人に対して、思いやりに
溢れた生き方をしている人のところに、
自然と「券」がたくさん集まるってことになる!

ーーーーーーーーー

そしたらみんな、『券』をたくさん集めるために
人に対して、思いやりを持とうとするのではないだろうか。

自分ができることを、たくさん「券」にして、
配ろうとするのではないだろうか。

たくさん「券」を配る人には、
たくさんの「券」が集まって来る。
そうゆう人が、豊かな人生を送ることになるってこと。

 

頭脳より「人間性」が、人の豊かさを作る世界。

 

そして、その「券」には、
法的効力があってはいけない。

法的効力があると、「券」を盗む人や、売買する人が現れる。
だから、メモ帳に殴り書きみたいなのが、ちょうどいい。

「あー!券無くしちゃったー!」
となっても、もともと、
人間関係の上でやりとりされてる「券」だから

「あーいいよー!券なくても。トマト10個持って行きなー」
みたいになるわけだ。

 

 

なーんて、妄想的な社会は、現実では難しいけど。

でもいまの社会は、無条件に
お金に権力を持たせすぎている。

ーーーーーーーーー
自分に、お金抜きにして
助け合える仲間が、何人いるだろうか・・・

経済が不安定な時代においての、
本当の安定とは「仲間の支え」な気がする。
ーーーーーーーーー

 

ーーーーーーーーー
そして、本当の
「地球のための省エネ生活」とは

物質以外のもので、
心を満たすことなんじゃないかと思う。
ーーーーーーーーー

 

いざとなったら、
「肩たたき券」システムが通用する仲間を
たくさん増やしていきましょう!!!

そうゆう仲間が、本当の仲間。

そうゆう人間関係が、自分を満たしてくれるはず。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です