新月のこんな日くらいは

直感 第六感 インスピレーション リーディングレッスン 教室 学ぶ 東京 みず橋ことみ

こんにちは!みず橋ことみです。

昨日は、出羽三山奉納のドキュメンタリー映画
「じねん」の上映会でした。

私は、9月11日に奉納させていただく者として
上映前にライアーの演奏をさせていただきました。

直感 第六感 インスピレーション リーディングレッスン 教室 学ぶ 東京 みず橋ことみ

上からメッセージが降りて来たので
演奏中に、お伝えさせて頂きました。

そのメッセージを、お伝えしますね。

◆どこの神様かは、分かりませんが
神様からメッセージが降りて来ました◆
ーーーーーーーーー

私たちは、みなさんを愛しています。
愛して、愛して、やまないのです。

だから、安心してください。

しっかりと、大地に足をつけて
喜び歌い、心を踊らせましょう。

みなさんの心が、幸せに満たされた時
私たちは、みんさんと一つになれるのです。

さぁ、目を閉じて
幸せを、いっぱい感じてください。

生きる喜びを、地球に抱かれている喜びを

その祈りを
胸いっぱいに感じてください。

そして、私たちと一緒にいてください。

ーーーーーーーーー

このメッセージを受け取り、
ドキュメンタリー映画「じねん」を観て感じたこと。

それは、
人は「神」の存在を、ずいぶんと
特別にしすぎてしまったな・・・ということ。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆

「神」とは、特別なものではなく、
それは、山であり、風であり、水であり、火であり。
自然の中にある、森羅万象のことです。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆

人の心の中にある、喜びや、慈しみ、
怒りでさえ、ありがたき「神」なのです。

その森羅万象に「◯◯の神」と名前を付けて、
感謝の気持ちを、伝えやすくしていただけなのに。

いつからか、なんでも上下優劣で
ものを見るようになってきて
「神」を特別な存在として、崇めるようになり。

 

すがれば、願いを叶えてくれる。
従わなければ、バチが当たる。
というような雰囲気を漂わせはじめて。

神に祈ることや、
目見えないものを大切にすることが
「願いを叶えるためのテクニック」
みたいになってきてる。

だから日本は特に、
スピリチュアルが好きな人のことを
「ちょっと変わった人」と捉える風潮が強い。

 

人は森羅万象に感謝する意識から、
自分の利益のことばかり、
考えるようにシフトしてしまった。

テレビCMのほとんどが
「これを買え!」という宣伝ばかりで。

情報の多くが
「どうやったら、稼げるか」である。

 

どうして、
「綺麗な海に感謝しましょう」
「水を汚すのは、やめましょう」
というCMや、番組がないものかと・・・

なげいても、仕方がないけど。笑

 

直感 第六感 インスピレーション リーディングレッスン 教室 学ぶ 東京 みず橋ことみ

◆◆◆◆◆◆◆◆◆

「神」とは、特別なものではなく、
それは、山であり、風であり、水であり、火であり。
自然の中にある、森羅万象のことです。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆

あなたの心が、幸せで満たされた時、
それは、森羅万象に感謝していることと同じです。

その瞬間、あなたは「神」と同じ。
ひとつになっている状態なのです。

恵はすべて、自然が与えてくれます。

 

今日は、新月で
ライオンズゲートが開いてて?
火星は接近中で?よくわかんないけど、すごい日です。。。

こんな日くらいは・・・
森羅万象に感謝してみませんか?

 

10分で十分です。
目を閉じて、全身全霊を込めて、
この美しい地球に、いのちに、自分に、全てに、感謝を捧げ

美しい調和が、この先もずっと続いていくように

絶対的な確信と信頼をもって
祈りをささげてみてください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です