浮かれポンチは夢が叶いやすいよね

前回の記事で、
「価値の中心軸を変えればいい」
というお話をしました。

https://ameblo.jp/robobird/entry-12487123503.html

まだ読んでない人は、読んでみてもらいたいけど。

幸せって、本人が
「そう感じるかどうか」にかかっていて、
どんな状況を手に入れても、こんなの幸せ
じゃない!と思ってしまったら、それまで。

例えば

何か一つの悩みに対して、すごく長い間
悩んでいたとして。
その時は「この問題さえ無くなれば、
私は幸せなのに!」と思うんだけど。

その問題がなくなったら、また次の
問題で悩み始める・・・

「あれ、最初の問題がなくなったのに
幸せになってないじゃーん!」と
突っ込みたくなったりして。。。

結局、その人が幸せになれない原因は、
「問題があるから」ではなくて、

「問題ばかり見つけてしまって、
幸せを見つける力が弱ってる」
ってことなんだよね。

もちろん、次なる問題が発生したから。
ってこともあるだろうけど、
最初の問題が解決した時点で
狂喜乱舞のタコ踊りで、
やった!やったー!やったーぜーーー!!!
と、喜びまくっても不思議ではないはずなのに・・・

いつも、なにか浮かない顔をしている・・・

凄く単純なことなんだけど。

ーーーーーーーーー
幸せに対しての
『リアクションが薄い』
ーーーーーーーーー
ってことなんだよね。

◆『幸せだと感じられる力』◆
それはよく「なんでも楽しめる人」と
表現されるけど、辛いことまで無理に
楽しむ必要なんかなくて

ただ、幸せに対してのリアクションを
大きくしていこうよ!ということなんです。

その時、そんなに幸せを感じてなかった
としても、大きなリアクションで喜んで
しまえば、心が後からついてくるってこともある。

昔、そういえば・・・

生徒さんたちに
「浮かれポンチになりなさい!」
と言いまくっていた時期がある。

その頃、教えていたクラスで
◆リアクションの大きい人
◆プラスの意味で、大げさな人

そんな生徒さんたちから、先に
どんどん願いが叶っていった経験があって。

これ、本当にあるんだよね。

「超すごいこと起こったんですー!!!」
「これ、マジやばい感動!!!」
「私、生まれ変わりましたー!!!」

と、感動リアクションがすごい人に
内容を聞いてみると、

すっっごい些細なことだったりする。。。

でもね、必ずこうゆう人って、
その後どんどん、奇跡連発して
大きなことが叶っていってるんだよね。

だからこの頃は、生徒さんたちに
「浮かれポンチになりなさい!」
と言いまくっていた記憶がある(笑)

踊る阿呆に、見る阿呆
同じ阿呆なら、踊らにゃそんそん

これって、今まさに必要な感覚を
うまいこと表現してる気がする。

さて、
「幸せを感じる力」について書いていますが。

これには、もう1つ、コツがあって
それは・・・

ーーーーーーーーー
所有の感動から
美しさへの感動へのシフト
ーーーーーーーーー
ということ。

では、長くなるので、続きは次回に書きますね!

ちなみに、浮かれポンチの
「ポンチ」ってなんだ??笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です