価値を、所有ではなく美に変えよう

『幸せを感じる力』が大切っていうお話で。

そのための方法として、
「価値の中心軸を変える」ってことがあるんだけど。

それは言い換えれば
ーーーーーーーーー
『所有の感動』から
『美しさへの感動へ』シフトする
ーーーーーーーーー
ということなんですね。

今日はそのお話を・・・

この世って、朝があって夜があるし
夏があって、冬があるし
光があって、影がある。

だから、うまくいく時もあれば
うまくいかない時もある

これは、自然のサイクルであり、自然の
リズムだから、これを「うまくいく現実
だけにしたい!」って意識しすぎると
自然のリズムを壊すことになるから、
結果、不自然になっていくのね。

スピリチュアルで怖いのは
「うまくいかない」=「ブロック」
などと捉えてしまって、

うまくいかなかったことを振り返り、
分析して、改善しようとしすぎてしまうこと。

多少の振り返りや分析、改善は良いと
おもうんだけど。これをやりすぎると
今度は、失敗が怖くなってしまうし、
失敗が許せなくなってしまう。

スピリチュアルとは、失敗しない人生
という、不自然な状態を作るために
あるものではなくて、

何が起きても楽しめて、何が起きても
前向きに、転換させていける自分を
創るためにあるもの。

ーーーーーーーー
「何が起きても楽しむ」ってことは
殺されるような恐ろしいことが起きても
歯を食いしばって、楽しめってことですか?
ーーーーーーーー

こんな風に捉えてしまうことも
「うまくいかない」=「最悪なこと」
と捉えすぎている世界観から来る発想。

朝があって、夜がある。
夏があって、冬がある。

ということを

天国があって、地獄がある。

みたいに、おもーく極端に考えて
しまう世界観の人は、実際にその世界観
が現実になりがち・・・
(あ!さまに昔の私よ!笑)

これをね「朝があって、夜がある」
くらいに、軽く楽観的にとらえる「感覚」
を身につけることが大事だったりして。

「うまくいかない」=「最悪なこと」
と、捉えすぎてしまう原因として

ーーーーーーーーー
「所有に価値を置きすぎている」
ーーーーーーーーー
ってことが、あると思うのね。

「所有」とは、言い換えれば「物理的結果」

・大金を手にした
・昇進を手にした
・知名度を手にした
・結婚を手にした
・顧客を手にした
・賞賛を手にした

こんな風に、所有することのが人生の
目的になりすぎて、所有に価値を置き
すぎると、今度は所有できなかった
ことが、地獄の苦しみになってしまう。

こうなっちゃうと、いつもなんだか
満たされない気持ちになってしまうのね。

ーーーーーーーーー
『所有の感動』から
『美しさへの感動へ』シフトする
ーーーーーーーーー

例えば
「結婚を手にしたい」という人がいた時に

結婚できたかどうか
という結果だけに着目するのではなく

・結婚したいと願う、今の自分に
「美しさを感じて」

・結婚に向けて、自分磨きをしてる
今の自分に「美しさを感じて」

・出会いの全てに「美しさを感じて」

・素敵な人と出会ったのに、
うまくいかなかったとしても、、、
そんな、人生の1ページにも「美しさを感じて」

そうやって、一瞬一瞬、丁寧に「美しさ
を感じる」ことをしていると、気がつい
たら、人生全体が美しくなっていくんだよね。。。

「所有」という、物質世界のことは
無限ではなく「有限」

でも「心の中」は、無限の可能性ですね。

物事をどう捉えるか・・・
ということの中には、無限の可能性が潜んでいます。

今までは、有限の物質世界を、力づくで
自分の思うままにしようとする時代でした。

でも、ここからは、心を動かして
現実に波紋を広げていく時代。

言い換えれば、

「お前の持ってるリンゴ!よこせ!」
と、殴って無理やり奪い取っていた時代から

「いつもありがとう!」と
愛と感謝で接したら、向こうの方から
「このリンゴ、あげるよ!」
と言ってくれて、結果リンゴをゲットできた!

みたいな時代になりました。ということですね。

何かを所有するために、必死になって
取ろう!取ろう!とするばかりでなく。

一瞬、一瞬に、愛を込めて
ていねいに、美しさを感じていけば

向こうから「このリンゴ、あげるよ!」
と、ギフトがやってきます。

というわけで。
価値の中心を「何を所有できているか」
にしないで、自分の心の中で感じる
「美しさ」に引き戻してみてくださーい!

こうやって書いていると、まさに自分への
メッセージかな?と思ったりするなぁ。

また改めて、丁寧に感じながら過ごして行こうー!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です