人の不完全さは個性だよ

こんにちは!みず橋ことみです。

スピリチュアルなお仕事って、
なんだか魔法みたいなイメージだし
独特な世界って思われることが多いです。

でも、スピリチュアルって単に
心の世界を取り扱っているだけで、

世の中には、筋肉の専門家もいれば
食べ物の専門家もいて、心の専門家
もいる。というだけのこと。

ーーー
だから、他のジャンルと構造は同じなのです。
それを取りちがえちゃうと、苦しくなります。
ーーー

例えば、フラメンコダンスのプロから
飛躍的に上達する、秘技を教えてもらったとして。

最高のシューズをもらって、最高の
振り付けを教えてもらって、
体の歪みを取るべく、骨格調整まで
してもらった。

「すぐに上達するとしか思えない!」
という気分にも、させてもらったとして。

これで完璧だ!!!
と、意気揚々に自宅に帰り、一人で踊ってみる・・・

あれ?
なんで先生のように踊れないの???

私は、上手にダンスが踊れる秘技を知っている。
最高のシューズがなにかも知っている。

そして、踊れるに違いない!という気分が
どんなものかも、知っている。

なのに、どうして踊れるようになってないの???

ダンスで例えると、当たり前のことです。
ーーーーーーーーー
『知っている』と
『できる』というのは、全く別の話。
ーーーーーーーーー

だから、どんなに知識を得ても
その先自分で、練習していかないと
できるようにはならないし。

もっと大切なのは。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆
人間は機械ではないので、どんなに
練習しても、100%完璧なロボット
にはなれない。ということなのです。

人間である以上、一生、不完全だし、ミスもします。
◆◆◆◆◆◆◆◆◆

しかし、世の中は人間を機械のように
見てしまう傾向があります。

というのも、学校生活での勉強が
「知識の暗記」が中心であるがために

「知っている」ということに価値が置かれ
「知っている」ことが全てのように教え込まれてしまいます。

だから、日本の社会は
「教えたんだから、できるでしょ」
「知っていて、なんでできないの?」

といった具合に、人間のミスを認めない傾向にあります。
知っていれば、できるはずだ!となってしまうのです。
(だから、スピリチュアルも、施術をうければ幸せになってるはずだ。と思ってしまう。)

ですので、クライアントさんのご相談
にも、仕事でミスしてしまう自分に
悩む内容が、とても多いのです。

自主的に、自分のミスを減らしたいと
向上心がワクワクしているなら、まだしも。

多くの方は、上司から、内臓をえぐられる
ような言われ方をして、立ち直れなく
なってしまっています。

『知っている』と
『できる』はちがいます。

だから、
「言ったんだから、できるでしょ」
「教えたのに、なんでできないの?」

ということを、人に言ってはいけないのです。

世の中のニュースも
「あの人は、できてなかった」
という話題でいっぱいです・・・

人間は、どこまでも不完全で
個性的なのですから。

その不器用さや、不完全さを
差別の対象にするのではなく

『人間とは、どういった生き物なのか』
を、この人が見せてくれてるんだな。
自分の中にも、同じ部分はあるはずだ。

と、みんなで自分のことのように感じ
合うことが、大切なのかなと思うのです。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆

誰かの間違いを見たときに

「ばかじゃないの!私だったらやらないわ」

と、差別や攻撃をすれば
自分もいつか、逆の立場になります。
なぜなら、全員が不器用で不完全な
部分をもっているからです。

だから、ついつい
「ばかじゃないの!私だったらやらないわ」
と、人を差別してしまう部分も含めて!

『これが、人間なんだな』
と、自分のことのように思える世の中に
なっていくといいなと思います

◆◆◆◆◆◆◆◆◆

大切なのは、まず
人を差別する人を、差別しないこと。

こんな私だって、きっと自分の中には
人を差別する気持ちが、あるはずなんです。

人殺しなんて、信じられない!
と思う自分がいるけれど、私だって
毎日動物を殺して、食べています。

「ワンネス」とは
私ができることは、あなたもできなければならない。
人間はみんな同じなんだから。

という、1つの基準で物事を図ることではなく。

誰かの個性や、だれかの不器用さ、
だれかの不完全な部分を

『それが人間』と、全部自分のことの
ように思うことなのかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です