怒り」は 諦めない純粋な情熱の現れ

◆「怒り」は
諦めない純粋な情熱の現れ◆

自分の希望と、現実が違った時。
怒りを感じる時がある。

それは、希望に対する、諦めない情熱。

そこに「あきらめる」という感情が入ると
怒りが『悲しみ』や『無気力』に変化する。

一見、そのほうが穏やかな感じがするので
怒ることより、諦める方が、大人な対応のようにも思えたりして。

でもそうやって、大人な対応を続けすぎると
いつしか「あきらめグセ」がついて、情熱の炎が消えて行く。

だから、怒りを抑えてはいけない。
たまには、子供のように怒ってみよう!

でも。
その怒りは、人を攻撃するためにあるわけでもなく
自分を誰かより、偉く見せるためにあるわけでもない。

ーーーーーーーーー
ただ、自分のなかにある
「あきらめない情熱」に気づくためだけのもの。
ーーーーーーーーー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です